解説修善寺温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

 修善寺温泉の開湯は、大同2年(807)。
 
 弘法大師は、桂川畔で病父の体を洗う少年を見かけ、その孝心に心を打たれ
「川の水では冷たかろう」と、仏具の独鈷(とっこ)で川中の岩を砕き、
 温泉を湧出させたという開湯伝説が残る。

 大師は、温泉が疾病の治療に有効であることを説き、これにより父子は
 病を完治させることができたという。

 これが伊豆最古の源泉「独鈷の湯」で、以来修善寺温泉に湯治療養が
 広まったと伝えられている。


 修善寺温泉が歴史上の舞台として登場するのは、鎌倉時代で、
 源家三代にわたる悲劇の舞台となる。
 源頼家が入浴中に暗殺されたという記録が残されている。

 
 江戸中期には、旅館を開業する農家が現れ、湯治場として広まり始め、
 明治初年になって、湯治客専用の内湯ができ、多くの文人墨客が訪れた。

 共同浴場として「独鈷の湯」「筥湯(はこゆ)」「稚児の湯」など
 9湯があったが、昭和20年代に自噴泉はほぼ枯渇してしまった。

 現在は各所から汲み上げられる源泉を、町内で集中管理している。




TOPPAGE  TOP